お電話でのお問い合わせ

0120-878-415

VOICEお客様の声

  1. ホーム
  2. お客様の声
  3. 友人にそんなにこまめに来てくれるの?!と驚かれました

友人にそんなにこまめに来てくれるの?!と驚かれました

「メンテナンスレポート」ではナレッジライフファミリー様の
定期点検やメンテナンスの様子、木の家での暮らしについてお伝えしていきます。


 

今回は定期点検で、燕市のH様邸にお伺いしました。

H様の家づくりのきっかけは、ナレッジライフのイベントで合板と無垢の床のさわり心地を比べた際の「こんなに違うの?!」という衝撃からだったそう。
その温もりが忘れられず、いつか家を建てるなら無垢の木の家がいいねと夫婦で話していたそうです。
それから展示場や見学会に足を運び、「ナレッジライフしかないね!」と決めていただきました。

お家のことでは特に困っているところはないとのことで、木製建具の調整や換気吸気口などの点検を中心に行いました。

玄関を入ってすぐの水廻りから点検スタート。

ご家族にも確認していただきながら、お家の中をひと通り見ていきます。

玄関から、洗濯干し→洗面脱衣の水廻り→キッチン→リビングダイニング→玄関と回遊性のある動線が特長のH様邸。

「広いウッドデッキが欲しい!ということ以外はほぼお任せでプランしてもらったんですが、ぐるっと回れるこの動線は住んでみて本当に使いやすくて」と奥様。
実際に暮らしてみての声をお聞きできるのは、とっても嬉しいことです。

建具の建付け確認では、閉めた時にできている隙間をメンテナンススタッフがその場で調整。

建具を外して、桟部分に厚み違いのクッション材をいくつか試して微調整します。

ご主人からは
「この少しの隙間は気になったことなかったです(笑)。でも、こうやって自分たちじゃ気が付かないところをメンテナンスしてもらえるのは、すごくありがたいです。
今日のことも、友人に家の定期点検があるんだって話したら、そんなにこまめに来てくれるの?!って驚かれましたよ。」と心うれしいお言葉をいただきました。

結露がなくて快適だという窓辺の点検では、
スタッフから「網戸はこっち側にしておいた方が、窓を開けたときの隙間がなくなって虫が入りにくいですよ!」とアドバイス。

長年たくさんのお家を見てきたからこその豆知識なども、みなさんにお伝えします。

2階では、ナレッジライフオリジナルの「NAP工法」操作レバーの動作確認を。

このレバーを操作して、夏モード/冬モードに切り替えます。
今年も暖かいお家で過ごせるように、しっかり動作するか、金具などに不備がないか、チェックの目にも熱が入ります。

最後に点検項目の確認をしていただいて終了です。

10年近くお住いになっているとは思えないほどきれいで、あめ色に経年変化した木の風合いが心地よいH様邸。

「物を増やしすぎないように意識してるだけですよ!」とのことでしたが、
普段からの整頓やお手入れで家を大事にしてくれているんだなぁ、と伝わってくる温かなお住いでした。

終始なごやかにお話してくださったH様、素敵な時間をありがとうございました。

0120-878-415