LCCM住宅への取組み,OMX,パッシブエアコン,新潟,ナレッジライフ,全館冷暖房,全館空調,パッシブハウス,エコハウス,ハイブリッドパッシブハウス,ハイブリッドエコハウス,自然素材,木の家

LCCM住宅への取組み

 

究極のエコハウス
LCCM住宅

次の工夫はSDGsを基にしたLCCM住宅です。LCCM住宅とは現在日本の国で究極のエコハウスと称されて2030年に向け国が普及していきたと考えている住まいです。LCCMとは「ライフ・サイクル・カーボン・マイナス」の略で、その家を造り、住み続け最後は解体廃棄時までに排出されるCO2を、自分の家で創り出す再生可能エネルギーの量で相殺し将来的に排出させたと思われるCO2量をマイナスにるすといる考えです。冬と夏を切り替える「衣替え」ができる住宅です。このLCCM住宅にも、ナレッジライフが取り組んできた、陽の光、風通し、季節ごとの変化など自然のエネルギーを活かし、自然と共生する建築的工夫が随所に盛り込まれています。

 

ナレッジライフでは、自然のエネルギーを活かし、自然と共生する建築的工夫とOMXなどのエコ設備システムを融合させることで、次世代の省エネで豊かな快適性を実現する「ハイブリッド・パッシブハウス®」など国が推奨する最高レベルのエコハウス「LCCM住宅」の実現にも取り組んでいます。

 

>「エコ設備システム」についてはこちら

 

<< コンセプトページへもどる

コンセプト|ナレッジライフの家づくり

ページトップへ