ナレッジライフ-SDGs|003 ナレッジライフ,ラインナップ,新潟,自然素材,木の家,CASACASE,DESEN,i-works,PURELABO

ナレッジライフ-SDGs|003

 

 

 


日本の豊かな自然資源を守る

 

 

 

日本の豊かな自然資源を
守る家づくり

 

"日本の家は、日本の木でつくる"
それは森林資源を守り、しいては海洋保全にもつながります。

 

ナレッジライフは、全棟で国産木材を使用しています。構造材はJAS規格の厳しい品質検査を全数行ない基準をクリアしたJAS認証の木材のみを使用。また環境にも配慮した乾燥技術で高品質な木材を使っています。

 

 

 

 

それらに取組み良質な木材をご提供頂いている「株式会社山長商店」(弊社パートナー会社様)も森林資源や日本の林業を守り、価値向上のため様々な活動もされています。私たちも消費することで市場を活性化するサポートをし、価値創造や資源を守る取組みを家づくりを通して広め、発信普及に努め、日本の森林資源の保全と価値向上、良い循環を生むサポートを続けて参ります。

 

 

 

 



また、全国の工務店ネットワークで組織される、国産材による家づくりを推進することで課題を解決し「人と自然に優しいサスティナブル(持続可能)な地域社会」の再構築を目指す、NPO法人 環境共棲住宅「地球の会」にも加盟し、パートナーシップで日本の森林を守る活動に参加しています。

 

 


 

 

 

 


プロフェッショナリズムの追求と
住まいづくりを通した
持続可能性実現の普及発信

 

 

社員・ホームオーナー様も一緒に"ナレッジ"(知識・知恵)を共有し、知識を活かし知恵に変える暮らし。住まいづくりを通した持続可能性の実現の普及発信に努めています。

 

 

社員に対しての教育研修、お客様向けの住まいの持続可能性の普及を目的としたセミナーや講座も開催しています。会社として住宅に関わる技術・知識の向上を目的とした社員に対する様々な教育研修を実施。習得したものをお客様へも発信しご提案することでお客様にとっても質の高い住まいを提供でき、しいては持続可能な住まいづくりを普及につながります。

また、オーナー様や住宅購入をお考えの方々へ向けたセミナーや講座を開催することで、環境や健康にも配慮した住まいをつくる、または持続する、知識や技術を提供し、住宅業界全体に持続可能性の重要性の普及を図っています。またそれらは社会貢献へもつながるということも発信しています。

  

 

社員向け研修

外部有識者の方を招き、最新の情報や住宅に関わる技術・知識の向上を目的とした社員向けの様々な教育研修や社内勉強会を実施しています。

 

 

SDGs社内勉強会の様子。SDGsをはじめとするサスティナブル経営のエキスパート、株式会社ビジネスコンサルタント様を講師にお招きし、グループ社員全員で弊社がSDGsに取組む意識と知識を共有しながら、目標を実現できるよう取組んでいます。

 

 


 

ナレッジライフ
SDGs推進委員会 

社内に各部署から選抜したメンバーを中心に「SDGs推進委員会」を設置。ナレッジライフグループでの家づくりを通した持続可能な目標の実現に向け、現在の事業内容や取組みの検証、目標実現に向けた具体的な取組みなどを協議し社内で共有しながら会社全体で活動しています。ナレッジライフグループでは、2030年を通過点として、その先の2050年までの長期的なプランを都度検証しながら会社としてどう実現していくか日々活動しています。

 

 

 


   

 

住宅購入をお考えの方へ
向けての家づくりセミナー

画像

 

ホームオーナー様向け
お手入れ講座

画像

 

 


 

伝統技術の継承で
持続可能な木の家を。

 

日本の家をつくる技術を
後世にも受け継ぐ

 

大工棟梁をはじめ、これまで日本の家づくりを技術と心意気で支えてきた各種職人技術者の後継者不足が叫ばれて久しい建築業界。弊社では、社員大工の育成制度や日本の伝統技術を取り入れた建築工法、塗り壁の採用による左官技術を要する仕様など、先人たちが培ってきた日本の家づくりを受け継ぐ「場」を提供することで、職人技術の継承も促し、日本の匠の技術を後世に受け継いでいけるよう取り組んでいます。

 

 

 

  

< 一覧へもどる

next >

 

会社概要|会社概要・沿革

ページトップへ