ナレッジライフ,ラインナップ,新潟,自然素材,木の家,CASACASE,DESEN,i-works,PURELABO

ナレッジライフの想い

お客様の「良かった」のために。

こんにちは。ナレッジライフ代表取締役社長の中村勝治です。
私たちナレッジライフは「ピュア」の家を中心に、新潟市・長岡市・上越市周辺エリアで家づくりに携わっています。新潟県の気候風土に合った、家族の健康と安心に配慮した住まい。愛着を育み、長持ちする家。そんな家づくりを目指してきた私たちナレッジライフについて、もう少し詳しくお話しします。

 


大幸ホーム30年の蓄積を経て
自然素材、NAP工法のナレッジライフへ

1975年(昭和50年)、田村征司(現・ナレッジライフ取締役会長)が大幸ホームを設立しました。この会社が、ナレッジライフの前身です。当時の大幸ホームは一般的な家づくりを幅広く手掛け、新潟市を地盤にお客様と長くお付き合いしてきました。

会社の転機になったのは、2001年(平成13年)のエアパスソーラー協会への加盟です。エアパスは、外壁の内部に通気層を確保し、換気口の開け閉めによって夏と冬の変化に対応する工法です。自然エネルギーを上手に取り入れるエアパス工法の考え方に共鳴した大幸ホームは、やがて自然素材を用いた家づくりへと視線を向け始めます。2003年(平成15年)、社内の1事業部として、自然素材の家「ピュア」の展開を始めました。

家づくりの工法も、進化させていきます。ピュアの立ち上げと並行してエアパスソーラー協会を退会した後、翌2004年(平成16年)に独自のNAP工法を開発しました。エアパスの考え方を基本に据えつつ、新潟県の気候特性を生かす工夫を施した工法です。

NAP工法の家づくりを少しずつ強化していった大幸ホームは、2005年(平成17年)、「株式会社ナレッジライフ」へと社名を変更しました。創立30周年を機に、NAP工法を軸にした家づくりの会社として新たなスタートを切ったのです。

ナレッジライフでは、田村征司(現会長)、私・中村勝治に加え、竹内和男(故人)と佐藤孟という2人の存在を忘れることはできません。名誉顧問の竹内和男(故人)は新潟県内の大手ゼネコン福田組に41年勤めた後、ナレッジライフに入社。監理本部長として企業風土や業務の改善などに尽力しました。中小企業診断士の佐藤は組織や業務に幅広く目を配りながら長くナレッジライフの経営を支え、現在も社外監査役として重責を担っています。

左から:顧問 (故)竹内和男/代表取締役会長 田村征司/代表取締役社長 中村勝治/社外取締役 佐藤孟

左から: 顧問 (故)竹内和男 / 取締役会長 田村征司 / 代表取締役 中村勝治 / 社外監査役 佐藤孟

 


育成

「人が育つ会社」を目指して

人に、社会に
「5つの想い」を胸に抱く

ナレッジライフには、「5つの想い」があります。

お客様への想い

私たちは、お客様の健康で幸せな暮らしの実現に向けつねに品質と技術の向上に務めます。

社員への想い

私たちは、「全員人財」を合言葉に一人ひとりの人格の尊重と人材の育成に努め、全社員の幸福を共に追求します。

協力会社様への想い

私たちは、信頼し合えるパートナーとして誠実で公正な取引を基本に、共に品質の改善とお客様の満足を追求します。

社会貢献への想い

私たちは、正しい企業活動を通じて文化と社会の貢献に務めます。

環境への想い

私たちは、持続可能な社会の構築と継続に向けた知恵の創出に務めます。

 

 

 

ページトップへ