【素材】木の家ならそれで良い?

 

素敵な「木の家」を、インターネットや雑誌でよく見かけます。自然素材の柔らかな質感や、温かみのあるデザイン。こんな家に住んでみたいな、と夢をふくらませる方も多いでしょう。でも、写真では同じように見える「木の家」でも、実際には様々なレベルがあることをご存知ですか?

 

 

ムク材なら気持ちよく、安全 

 

日本の家には日本で育った木が合う

「無垢の木」といっても千差万別です。

まず、国産材か外国産材かという違いがあります。ここで重要なのは、木は生物なので、育った地域の環境に応じた性質を備えていることです。高温多湿な日本で育った木は湿気に強く、シロアリや腐朽に強いものが多いのです。蟻害や腐れは木造の家にとって大敵ですから、構造上の強度や耐久性を考えると国産材を使うほうが安心です。一方、湿気に弱い外国産の木は、内装材や家具には問題なく使えますが、柱や土台などの骨組みには適していません。

 

国産材と外国産の違い

国産材

 

外国産材

 

 

国産材なら何でもよいというわけでもありません。樹種によって耐久性や強度は異なるので、適材適所の使い方が求められます。また同じ樹種でも、計画的に育てられた森の木かどうかで、材としての密度や強さが変わってきます。木は伐採した後に乾燥させる工程を踏みますが、乾燥方法も強さや変形の度合いに影響を与えます。

均質につくられている工業製品と異なり、自然素材である木は材によって強度や性質にばらつきがある点が弱みです。こうしたばらつきを防ぐため、製材所によっては1本1本検査を行い、それぞれの含水率や強度を明示したうえで流通させています。こうした木材ならどこで伐採されたのかという履歴が分かり、安心して家づくりに使うことができます。

無垢の木だから良いのではなく、しっかりした工程で生産された木を選ぶこと。それが、長い目で見て安心できる家づくりへの近道です。

 

日本の家には日本で育った木

 

ナレッジライフの家は優良国産木材で出来ています。

強度や含水率、乾燥度など全てを1本1本検査し、JAS規格に合格したものの中から出来るだけ薬剤処理をしていない国産の構造材を使用しています。
環境にも人にもやさしい家をご提供します。

● 主な産地

紀州材(和歌山産)・八溝材(福島産)

 

構造材は全数検査を行います

ナレッジライフの家で使用するすべての構造材は、製材した木材から数本を選んで検査する「抜取り検査」ではなく、一本一本を丁寧に検査する「全数検査」を行っています。

JAS認定工場の機械設備で柱材・梁桁材ともに、含水率・強度の全数検査を実施します。また、機械ではわからない割れ具合や腐食、丸み、虫食い跡、見た目なども職人の目で選別し、それをクリアした木材のみにJAS規格適合の証として「JASマーク」が木材本体に刷られます。

木材の品質、状態、性質は一本一本違います。構造材の全数検査とJAS表示は必須で最重要と、私たちは考えています。

 

「木にやさしい乾燥」が大事

木は元々水分を多く含んでいます。その割合を含水率といい、十分に乾燥させ含水率をある程度下げてから使用しないと、内部割れや狂いが生じやすく構造材の品質にも良くありません。ナレッジライフの構造材は「高温蒸気式減圧乾燥機」を使用。圧力を下げると沸点も下がるので、低い温度で乾燥できます。木に急激な負担をかけ傷めることなく、高品質な乾燥木材を提供できます。

※高温蒸気式減圧乾燥機の使用は、紀州材の工場のみ。

 

 

 

一本一本、木の種類や品質にもこだわり、確かな「木の家」をお届けします。

ナレッジライフは、100%国産材を用いた木の家づくりを行っています。

こだわりの1つは、無垢材を使用していること。全国の産地から厳選した紀州(和歌山県・スギとヒノキ)、八溝(茨城県・ヒノキとスギ)で調達しています。産地を確認でき、きちんと品質管理され、適切な強度を備えている木材だけを使い、長もちする家づくりを進めています。

なお、シックハウスの原因と言われる揮発性有機化合物(VOC)は、自然の無垢材に全く含まれていないわけではありません。ナレッジライフの家も、VOCをゼロにすることはできませんが、素材を厳選していけば減らすことは可能です。

確かな「木の家」をお届け

手入れされた育成林

 

確かな「木の家」をお届け

マイクロ波含水率・ヤング係数測定器

 

次は「工法:新潟の四季を快適に過ごすために」 

家をつくる|家はバランス

ページトップへ