ナレッジライフの家の耐震性

 ナレッジライフの家は、設計時にまず「構造のバランス」を考えます。

 

木造住宅は、鉄筋コンクリート造のようにガチガチに固まった動かないものではなく、ある程度変形して力を吸収し、逃がすことで様々な力に耐えるつくりです。それを前提としてバランスの良い構造躯体になるよう設計しています。

全棟で自社チェックに加え木構造設計専門の会社に依頼し、建築基準法に則った構造チェックを行なっています。
そして基準法よりも 厳しい独自の基準 を定めています。

例えば、床面の「たわみ」に関する基準は、基準法よりも厳しい基準でチェックします。(※床梁などの長い部材が湾曲して変形すること。)

そのため通常より 大きな梁材 などの構造材を使用し、厳しい自社基準をクリアしています。

構造材も JAS規格 をクリアした強度や含水率をもつ国産木材を使用。構造体を強く丈夫にするための工夫も施し、 建物の耐久性 も向上させています。

 

 

 

 

 制震ダンパー を設置することで、
地震の揺れを吸収し逃がすしくみを
さらに強化することができます。

※オプション対応

MER SYSTEM (日本制震システム)
HPはこちら

 

 

 

ナレッジライフ|木の家専門店|耐震|直下率向上

 

 

 

 

 力の流れがスムーズになるように骨組みを考え、構造材や耐力壁の適正配置など、バランスの良い構造躯体になるように設計しています。
そうすることで、直下率も高くなり、より構造的にも安定します。

例えば、間仕切り(壁の位置)も、1Fと2Fの壁がずれていない方が地震に対して有利な上、余計なコストもかかりません。
特に2階の外壁の下に1階の壁が設けられるような間取りにすることが大切です。

 

 

 

ナレッジライフでは独自で型式認定を取得しました。これにより公的機関に認められた自社の工法で耐震等級「2」・長期優良住宅 の施工が可能です。

新潟において独自でこうした型式認定を取得しているのは、現在ナレッジライフを含め数社のみ、全国でもそう多くありません。

 

 

 

 

 性能と暮らしのバランスが大切。

「地震に強い家を造る」これだけなら簡単に造ることができます。
例えば、できるだけ四角くつくる、壁を多くして、窓を小さくし、材料も多く使う…。

しかし、これでは日当たり、風通し、豊かな空間、家族のコミュニケーションを大切にした間取りなどは無視することになってしまいます。

やはりほど良いバランス が重要になってきます。大事なのは「バランスの良い家づくり」をすることです。

 

 

 

 各分野の専門家の方と弊社代表中村による対談企画

こちらから

 

 


性能を考える
contents menu

 

 

家をつくる|性能の先の豊かな温熱環境

ページトップへ