i-works project

 

i-works  project

誰もが心地よいと思える住まいを。

建築家・伊礼智氏と考える、誰もが心地よく小さくても豊かに暮らすことのできる木の住まい。

生活スタイルや家族構成により、選ばれるプランは異なるはずですが、どれを選んでも、心地よい居場所のある住まいを手に入れることができます。しかも少し頑張れば手が届く価格でご用意。

そのポイントは「標準化」。
構造や断熱、温熱環境などもこだわり、長年使い続けてきた信頼できる部材や材料も標準部材とし、価格以上に価値のある住まい、i-works。
ぜひ、抑えた価格分で家具や植栽を充実させ、ゆたかな暮らしを実現してください。

 


 

 

伊礼 智 (伊礼智設計室) 

1982年、琉球大学理工学部建設工学科卒業後、東京芸術大学美術研究科大学院修了(奥村昭雄研究室)。丸谷博男+エーアンドエーを経て、1996年伊礼智設計室開設。現在、東京芸術大学美術学部建築科ならびに共立女子大学の非常勤講師を務めるほか、全国で講演や設計指導を行う。2006年「東京町家・9坪の家」、2007年「東京町家・町角の家」でエコビルド賞受賞。2013年、i-works project でグッドデザイン賞受賞。主な著作:『伊礼智の住宅設計作法』(2009年 編集/新建新聞社・発行/アース工房)/『伊礼智の住宅設計』(2012年 発行/エクスナレッジ)

 


 

― CHECK!

弊社でも伊礼氏をお招きし家づくりセミナーも開催。i-works project の考え方や設計手法などをお話し頂きました。

 

 

 


 

 

 

● Overview 概 要

・ラインナップ : 4 type
・延床面積 : 27~30坪

 >クリックで詳細ページへ

 

 


 

 

 

>各ラインナップ画像をクリック!


各ベースプランのほかに、敷地・家族構成・ライフスタイルに対応した展開バリエーションプランもご用意しております。詳しくは、お問合せください。

※造園植栽・外構工事(ウッドデッキ含む)は別途。敷地条件・ご要望等を配慮しご提案いたします。

 

i-works 1.0

i-works 2.0

i-works 3.0

i-works 4.0

 

 


 

 

 

i-works 1.0

 

名作といわれる住宅に多く採用されている四間角のプラン。1階にリビングダイニングと水まわり(お風呂・洗面)を、2階には個室を3つ用意し、一般的な家族が無理なく暮らすことのできる広さを確保しています。大屋根が印象的な1.0は、延床29.32坪。勾配天井の吹き抜けの開放感で、家族4人がのびのびと暮らすことができます。玄関脇には外物置もあり、収納力は充分です。

 

 

- ベースプラン

建築面積 : 66.92㎡/20.25坪
1階床面積 : 55.36㎡/16.75坪
2階床面積 : 41.57㎡/12.57坪
上部ロフト面積 : 13.22㎡/4.00坪
延床面積(1階+2階) : 96.93㎡/29.32坪

 

- photo

 

- 事例写真

 

> こちらの施工事例は「施工事例集ページ」でご覧頂けます。 >>click!

 

<< Line up へもどる

 


 

 

  

i-works 2.0

 

i-works1.0よりも、一回りコンパクトな、3.5間x3.25間でまとめました。コンパクトな中にも、ベッドルームや和室といった、暮らす人の居場所を確保。また1階と2階には、それぞれ4パターンが用意されており、住まい手の要望に応じて組み合わせることで、最大16パターンの間取りを構成することができます。インナーバルコニーや多くの収納等、限られた面積の中で考え抜かれた全く無駄のない空間構成になっています。

 

 

- ベースプラン

 

建築面積 : 37.59㎡/11.37坪
1階床面積 : 37.59㎡/11.37坪
2階床面積 : 37.59㎡/11.37坪
上部ロフト面積 : 14.45㎡/4.37坪
延床面積(1階+2階) : 75.18㎡/22.74坪
ロフト含延床面積 : 89.63 ㎡/27.11坪

※外物置、ガラリ戸はオプションです。

 

- photo

 

<< Line up へもどる

 


 

 

 

i-works 3.0

 

i-works 1.0と2.0の ”ちょうど中間” の3.5間角のベース。 納戸付きの広々とした玄関スペースに加え、L型のキッチンを採用して回れる家事動線を実現。オプションとして下屋を足すことで、余裕ある空間構成を実現することが出来ます。

 

 

- ベースプラン

 

建築面積 : 52.88 ㎡/15.96坪
1階床面積 : 52.88 ㎡/15.96坪
2階床面積 : 40.48 ㎡/12.22坪
ロフト面積 : 17.35 ㎡/5.23坪
延床面積(1階+2階) : 93.36 ㎡/28.18坪
ロフト含延床面積 110.71 ㎡/33.41坪

 

- photo

 

<< Line up へもどる

 


 

 

 

i-works 4.0

 

「終の棲家」がテーマでスタートしたi-works初の平屋タイプ(申請は2階建て)。1階で生活が完結するプランです。2階は予備室、巣立った子供たちが泊まれるようになっています。ところが設計を進めていくにつれて子育て世帯にも向くことが分かりました。4畳半を組合せたプランには、使いやすいコックピット型のキッチンを採用。真壁工法でi-worksの中でもっとも目視率が高い。4畳半の空間に自分の暮らしを割り当てていくような感覚のプランです。

 

 

- ベースプラン

 

建築面積 : 83.03 ㎡/25.12坪
1階床面積 : 73.80 ㎡/22.33坪
2階床面積 : 17.35 ㎡/5.23坪
延床面積(1階+2階) : 91.15 ㎡/27.56坪

 

 

- photo

 

<< Line up へもどる

 


 

 

 

 

伊礼智がこだわり抜いた素材を。

i-worksに用いられる材料や素材は、

1.シンプルで永く飽きのこないデザイン
2.安全で健 康に害を及ぼさないもの
3.環境負荷が極力少ないこと

といった条件のもと、選定しています。

 ■ 参考仕様

・構造材 : 紀州杉・檜
・断熱材 : セルロースファイバー
・内壁  : ビーナスコート
       (塗り壁/原料:卵の殻)

・外壁  : スーパー白洲そとん壁W
         / ZiG(三角波のGL鋼板)
・屋根  : ガルバリウム鋼板
・サッシ : LIXIL LWスライディング 
       サーモスシリーズ

・キッチン: i-works オリジナルキッチン
・浴室  : i-works オリジナル
       ハーフユニットバス

・玄関  : i-works オリジナル
       木製玄関引き戸

 

 ● 記載の素材や仕様以外でのご提案も可能です。

画像

構造材:
紀州材・檜

構造材をはじめとする木材は、優れた強度を持つ美しい紀州材を、熟練の製材技術と高度な乾燥技術で加工・生産している山長商店の木材を利用します。>山長商店

 

画像

断熱材:
セルロースファイバー

性能と環境を兼ね備えた断熱材を採用します。セルロースファイバーは古紙を再利用したものなのでホルムアルデヒド等の発生がなく、安全性が認められています。>デコス

 

画像

内壁:
ビーナスコート

卵の殻が原料の内装仕上げクリームの塗り壁です。臭いや有機物を吸収分解し、繊維状のコラーゲンが室内の余分な湿気を吸湿してくれます。>日本エムテクス

 

画像

外壁:
スーパー白洲そとん壁W

白州そとん壁は、対候性や通気性能に優れ、不燃材料かつ吸放湿性能があります。自然素材100%なので、そのまま土に還るという素材でもあります。>高千穂シラス

画像

玄関:
i-works 木製玄関引き戸

実際の木にこだわったi-worksオリジナル木製玄関引き戸。「木目調」に頼らず、実際の国産材桧を使用した木製の玄関を採用します。>ユダ木工

 

画像

サッシ:
LWスライディング

リビングに、外とつながる心地よさを。まるで" 透明な壁" のような大きな窓から、あたたかい日差しがたっぷり入ってくる。視界を遮らないフレームインデザインで、四季折々の景色が開口部いっぱいに広がっていく。>LIXIL

 

画像

キッチン:
i-works オリジナル

i-worksでは、リビングと共にまとめられたオリジナルのキッチンを採用します。標準のデザインで統一感のある仕上げとしています。(IH・ガスは選択可)

 

画像

浴室:
i-works オリジナル

i-worksはハーフユニットを標準としています。桧の壁・天井材に加えて、木製の開きドアの仕様となります。板張りのハーフユニットバスは、とてもリラックスできる空間です。>LIXIL

 

 

<< 概 要 へ もどる

 


 

 

 

環境設備|全館空調システムを
プラスすることで
より快適で豊かな暮らしを実現

 

全館空調システムを搭載することで
家中どこでも快適な室内温度環境を実現。
コンパクトな大きさのi-works project にも
相性もよく、
吹抜けのある開放的な空間でも
効率よく
快適に過ごすことができます。

 

通常のソーラーシステムとは違い、太陽光発電に加え、太陽熱と空気熱(ヒートポンプ)を利用した暖房・冷房・給湯・熱交換換気、その機能を1台に持ち合わせたシステム「OMX」を融合することで、省エネで快適な温熱環境を実現します。熱と光の両方を使うことで、太陽エネルギーの利用率を高めて、世界トップクラスの、次世代の豊かで快適な温熱環境をご提供。

 

>詳しくはこちら

 

パッシブエアコンは、パッシブデザインの要素を採用した家の小屋裏に設置され、ダクティングにより冬は床下から暖房を、夏には天井から冷房することで屋内の温熱環境を一年中快適に維持します。建築と空調設備が一体で計画されることで、屋内も屋外もすっきりと収まり、そのうえ煩わしい日々のお手入れも1台分です。

 

>詳しくはこちら

 

 


 

<< 概 要 へ もどる

 

詳しく聞きたいという方は
0120-878-415 まで

メールの方は
こちら

 

ラインナップ|CASA CASE

ページトップへ