地域の木材を活用した保育施設と幼児の健康を考えるセミナー ~今、保育・福祉施設が危ない~ イベント|新潟・自然素材の木の家専門店ナレッジライフ

イベント報告

◆終了しました

地域の木材を活用した保育施設と幼児の健康を考えるセミナー
~今、保育・福祉施設が危ない~

日時2018/2/3(土) 13:30~16:20
場所新潟日報社黒埼本社 「メディアポート」

 

 

地域に求められる木造の施設は、福祉施設、保育施設、診療所など様々あります。
高齢者や幼児、患者など健康に配慮しなければならない方々にとって、本当にどのような施設が必要なのかを各地にてご講演されている保育学の専門家や、数多くの保育施設の設計をされている建築家をお呼びして紐解いていきます。ぜひセミナーにご参加いただき、共に考えていきましょう。

保育事業にかかわる方、興味のある方はもちろん、一般の方の参加も大歓迎です。

 

●講演/講師プロフィール

講演 「保育施設における環境の再考と課題」

村上 博文 氏(常葉大学保育学部 講師)

常葉大学保育学部 講師。専門は保育学・教育人間学。常葉学園大学教育学部初等教育学科(数学教育専修)教育学学士、静岡大学大学院教育学研究科修士課程(教育心理学専修)教育学修士、東京大学大学院教育学研究科博士課程(旧教育史、哲学科)満期退学・教育学修士。研究テーマは保育環境、園づくり・人づくりの担い手、園内研修、メディアと人間形成(直接体験論)。

 

  

講演 「子育ち支援の環境づくり」

辺見 美津男 氏(有限会社 辺見美津男設計室 主宰)

福島県生まれ、日本大学工学部建築学科卒。JIA登録建築家、日本自然保護協会自然観察指導員、福島県景観審議委員、CASBEE戸建て評価員。平成22年文部科学省「これからの幼稚園施設」の5校に中島幼稚園が選定される。こども園・幼稚園の主な受賞歴として(社)文教施設協会賞・東北建築賞(中島幼稚園)、キッズデザイン賞・福島県建築文化賞・東北建築賞(二本松市立とうわこども園・認定こども園ぼだい樹西こども園西保育園)など。県内外において、多数のこども園園舎の設計を手掛けている。 

 


 

 

●会場はこちら

 


ご予約は下記フォームまたは

0120-878-415 まで。

 

 

ページトップへ