Blog

家づくり日記②

熊倉 和洋 自己紹介へ

家づくりは人生の中でも数少ない一大イベント。

家づくりの想いはひとそれぞれ…

心からくつろげる家を造りたい。家族の笑顔があふれる家を造りたい。…

 

私自身も昨年家づくりを経験し、家族の想いを詰め込んだ家を造りました。

この「家づくり日記」では、私の家づくりを通して感じたこと、

また家づくりでおさえなければいけないポイントなどをご紹介していきたいと思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------

4月から始まった「家づくり日記」ですが

お客様から「みましたよ~」などお言葉を頂くことが増え

恥ずかしい反面、とても嬉しく思っております。ありがとうございます!

 

さて、前回は「土地選び」について書きましたが、

本日のテーマは…「間取り」についてです。

 

家づくりの中でも、間取りづくりはとても楽しい時間です!!

「明るいリビングにしたい…」「対面キッチンにしたい…」「造作カウンターがほしい」

考えるだけで、とてもワクワクしますよね~

 

 一生に一度のマイホームづくりだからこそこだわりたい!

しかし間取りは住み心地にも大きく関わってくるので、とても悩みますよね…

 

私は設計士ではありませんが、「間取り」については非常にこだわりがありこのブログを書くにあたって非常に悩みました…

本当は5月頭にアップしようと思いましたが、気が付けば5月末!!

 

「間取り(プラン)」はここだけおさえれば必ず良い家になるというポイントがあるわけではないのですが、今日は「後悔しない間取り」というテーマで間取りについてお話しします。

 

「後悔しない間取りづくり」

1.敷地の特性を知ること

2.ご家族の想いを伝えること

3.プランをしっかりと確認すること

この3つのポイントを必ずおさえましょう!

 

1.敷地の特性を知ること

 この内容については家づくり日記①の「環境を知る」をご確認下さい。

 敷地のことをよく理解することが良い間取りに繋がります!

 

2.ご家族の想いを伝えること

間取りをつくる過程で一番大事だと個人的には思います。

想いを伝える(建築会社・設計士)前にまずは家族会議にて皆様でよく話し合いましょう!

話し合いで出たこだわりや想いなどは一度紙に書き出してみることをオススメします。

また、うまく伝えられないときには、雑誌などの切り抜き(イメージに近い写真)をスクラップブックにすることもお勧めです。

 

3.プランをしっかり確認すること

プランを良く理解することで、出来上がりの家はイメージに近いものになります!

当たり前の事のようですが、意外に出来上がってから気づく方も多いようです…

プラン中に分からないことはその時にしっかりと確認しましょう!

 

 ※他にも、架構とカタチ、平面と空間、設備・仕様、内外装、インテリア…etc

伝えたいことはたくさんありますが長くなるので是非展示場にてお聞きください!

お待ちしております。

 

 ちなみに…

私も昨年家を建てましたが、「間取り」はとても苦労しました…

「平面図じゃイメージできない!」と嫁にどやされ何枚も下手くそな絵(内観・外観・家具)を書きました。

そのかいもあり今ではイメージ通りと喜んで暮らしております^^;

※私の家ではありませんが、このような内観パースがあるとイメージしやすいですね^^

 

土地がある方、ない方、プランに興味がある方などいらっしゃいましたら是非お声掛けください。

 

一緒に世界に一つだけのお家をつくりましょう!

 

 

 

記事一覧|2014年5月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ