Blog

【新潟】秋のお出かけ 私のおすすめ

間 久美子 自己紹介へ

芸術の秋。美術館に行きたくなるこの季節。

 

お休みの日、前売り券を購入して張り切って待っていたこちらの展示にようやく会いに行ってきました*

もっと建物と自然を写せばよかった。。。新津美術館のいいところなのに!

張り切りすぎて看板しか写していませんでした・・・

 

 

リサ・ラーソンといえば、昨今の北欧ブームも手伝って、

看板にもなっているネコのマイキーや ぶちぶちの犬のサム、ハリネズミのハリエットなんかが有名ですね。

(私も最初はおしゃれなキャラクターをデザインしている方だと思っていました。お恥ずかしい!)

かわいい子たちがお迎えしてくれます。

 

今回の展示では1950年代から、数年前までの陶芸の作品がスウェーデンからたくさんやってきています。

 

動物モチーフもありますが、他の作品がもっとたくさん!

実物では、模様の付け方、色の付け方、釉薬をのせる場所、そして素材感とサイズ感。

写真では分からないことばかり。

初期の花器や人間モチーフのユニークな作品もたくさんあり、

やっぱりただかわいいデザインをする方ではなく、芸術家なんだなぁと改めて感じました。

 

リサさんは若い頃に見た日本の民藝からも影響を受けているそうで、生まれ変わったら日本人になりたいそうです。

 

海外の方からみるととても美しく個性的な日本の文化、

大切にしていきたいですね。

 

展示のサブタイトルが「暮らしを愛する全ての人へ」となっているので、

もっと北欧の暮らしテーマかと思っていましたが、イメージよりは全然作品寄り。

今、有名になっているリサラーソンだけでない本当の芸術家の人間らしいリサさんを知ることができます。

 

この季節、新津美術館の立地も含めてお勧めの展示です***

 

 

 

あいだくみこ

記事一覧

1ページ (全117ページ中)

ページトップへ