Blog

健康管理

2015/02/25(水) 新潟ブログ

昨年末の暴飲暴食の反省もあり、最近健康を意識するようにしています。

 

心臓病、ガン、糖尿病、高血圧、脳卒中、肥満、さらに精神病も誤った食事が原因。

それは、①高カロリー、②高タンパク、③高脂肪、④高砂糖・・・の食事。

その根底には「良い物に食べ過ぎるということはない」という近代栄養学の祖、

フォイト栄養学、つまり肉食礼賛の食習慣だそうです。

 

しかし、日本や欧米のメディアはこの事実を隠蔽し続けているとのこと。

確かにテレビで「美味しい焼肉グルメ」とか「スイーツの美味しい店」などの

“洗脳”番組が多いのも頷けます。

 

その背後には、食品の売上げ増や病人の大量生産を目論む巨大な食糧マフィア、

医療マフィアの存在があることも、なんとなくわかる気がします。

いろいろな情報が氾濫する中で、何が間違いで何が正しいのか判断し選択するのは自分だと、

最近実感しております。

記事一覧|2015年02月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ