Blog

【今日の現場から】安心・安全・キレイな現場環境づくり~建物内部の注意喚起表示編~

近藤 賢 自己紹介へ
2017/12/23(土) 今日の「現場」から

みなさん、こんにちは!

工事部サポートの近藤です。

 

 

2017年も残すところ、あと僅かとなりました。

ナレッジライフで、住まいづくりをされた方、ご検討いただいた方、

今年一年、誠にありがとうございました!

来年も、「良い住まいづくりをする地域№1住宅会社」を目指し続けますので、

皆様、どうぞ宜しくお願いいたします!

 

 

さて、「安心・安全・キレイな現場環境づくり」の様子をお届けするブログも

6回目となりましたが、今日は工事現場の【建物内部の注意喚起表示】を、ご紹介いたします!

 

先週のブログでも注意喚起をご紹介させていただきましたが、

改めてお話しすると、注意喚起とは、用心するように注意を促すことですが、

現場で、職人さんが作業するうえで、万が一にも事故が無いように、

必要ヶ所に、表示をつけております。

今回は、建物内部では、どのような注意喚起表示をつけているのかご紹介いたしますね。

 

こちらは、仮設階段を昇る前に、お施主様や職人さんが、

仮設階段につまづかないように「階段注意」「足元注意」の注意喚起表示をしています。

お子様でも分かりやすいようにイラスト付です!

 

こちらは、仮設階段を降りる前に、お施主様や職人さんが、

仮設階段から転落しないように「階段注意」「転落注意」の注意喚起表示をしています。

仮設階段は、安全を考え、大きく揺れないようにお一人ずつの昇降をお願いいたします!

 

こちらは、仮設階段下に、お施主様や職人さんが、

頭をぶつけないように「頭上注意」の注意喚起表示をしています。

また、資材を置かないようにしています!

 

 

こちらは、玄関から中へ入る時に、土や泥を持ちこまないように

「土足厳禁」の注意喚起表示をしています。

このおかげで、歩ける現場づくりが出来ています!

 

その他にも、サッシ周りや設備周り、脚立など多々ありますが、今回はここまで。

注意喚起表示1つで、防げる事故があるなら、徹底するぞ!

 

 

先週からの繰り返しにはなりますが、

せっかくの素晴らしい腕を持つ職人さんでも、万に一つでも

事故が起きてしまえば、非常に残念です。

「安全」は、「品質」です。けが人が出てしまうような現場では、

施工の品質を保つこともままなりません。

大切なお客様の家と職人さんたちを守るために、

気を引き締めて日々、安全管理を大切にしています。

 

 

ナレッジライフのスローガンでもある「お客様の良かったのために」を

安心・安全・キレイな現場環境づくりを、とことん目指していくぞ!

 

 

それでは、また来年!

少し早いですが、みなさん、良いお年を!

 

 

SNSも更新中?
最新情報はここからcheck!


●公式LINE
トークで気軽に話しかけてくださいね!

 友だち追加 

●facebook

 

●instagram

 

記事一覧

1ページ (全113ページ中)

ページトップへ