Blog

【長岡】本当に欲しいものを

浦 篤志 自己紹介へ
2018/07/05(木) 長岡ブログ

サッカー日本代表チーム、本当にお疲れ様でした。

強豪ベルギーに善戦したもののあと一歩及ばす。
もしやと思う時間帯があったこともあって、やっぱり敗退は残念でした。
1次リーグのポーランド戦では、後半のこり10分のプレー内容で物議を醸したもの一つの事件でした。
ネット上には賛否両論が繰り広げられていましたが、どちらの意見にも「一理あり」のようです。

日本代表チームは全力を尽くして決勝トーナメント進出を手繰りよせたわけですが、
多くのサポーターの共感を得ることが出来ず、見ていて痛々しさを感じました。

日本代表チームの目標はベスト8進出。
サッカーは確率論のスポーツということもあり、目標達成のためにより確率の高い手段を選んだのが
西野監督の判断でした。
でも、多くのサポーターが望んでいたものは、目に見えて「一生懸命に」強豪に立ち向かっていく姿で
たとえ結果を伴わなくても見てわくわくするサッカーを見せてくれることだったようです。

サービスを提供する側と提供される側。
この間で、サービスの内容(今回はサッカー観戦を通して得られるもの)に共感がないと、
良かれと思ってやったことが、不満につながってしまう。
これは、住宅産業に携わる私たちにも言えることですね。

お客様が私たちに望まれているサービスは何か?
私たちナレッジライフは効果的にそのサービスを提供することが出来るのか?

常に考えて行きたい課題です。

ちなみに、ワールドカップの世界では、ベルギー戦の戦いぶりに賞賛の声が上がっていますね。
結果は負けているのに。
これはきっと、多くのサポーターにとって望んでいたサービスを受けたということでしょう。
人の心とは不思議なものです。

長岡支店 設計 浦

SNSも更新中▶
最新情報はここからcheck!


●公式LINE
トークで気軽に話しかけてくださいね!

 友だち追加 

●facebook

 

●instagram

 

記事一覧

1ページ (全111ページ中)

ページトップへ