お電話でのお問い合わせ

0120-878-415

BLOGブログ

  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 軒のある家って何がいいの?軒を出すメリット3つを紹介

軒のある家って何がいいの?軒を出すメリット3つを紹介

熊倉和洋 熊倉和洋

こんにちは。営業 熊倉です。

今年は雪が少なく助かっております。

昨年の今頃は雪かきに追われて、毎日筋肉痛でした…

雪が少ないので散歩をすることも増え、
ふと住宅街を観察してみると…

最近建ったであろう家は、
軒が出ていない家(軒が短い)が増えてきた?という印象。

みなさんもよかったら観察してみてください。

私個人的には、屋根の軒は深くする方がおススメです。(軒が深いというのは、軒が長く出ている状態の事です。)

せっかくの家づくりなら、夏涼しく、冬暖かい家をつくりたいですよね。

住まいの住環境と、軒の出を踏まえたパッシブ的な設計は密接に繋がっています。

なぜ軒が出ていると良いのか、その理由を3つのポイントにわけてご紹介。

軒と直射日光の関係〈室内に入る日光を調節〉

夏に窓からの日差しが暑くてたまらない
という経験はありませんか?

これは建物外部に日差しを遮ってくれるものがなく、
室内に直接日が差し込むから。

深い軒があることによって、夏の直射日光を建物外部でカットし
室内に入る直射日光を調節してくれます。

▼家の断面図だと、わかりやすいかもしれません

黄色が夏の日差し/が冬の日差し

一方、室内に日光を取り込みたい冬。
冬は太陽の高度が夏よりも低くなるため、軒が深くても家の中に光が入ってきます。

このように、軒は太陽の日射をコントロールして
室内の住環境を整えるのに最適なんです。

自然エネルギーを利用したエコハウスを検討の場合は必須ですね!

軒と外壁の関係〈外壁の汚れを防ぐ〉

軒が深いと、雨の日にもメリットが。

軒があるおかげで
窓に雨があたった「バチバチ」という音が少なく、
また、外壁に汚れがつくのも防いでくれます。

住宅街で観察してみても、
軒がない家ほど、外壁に汚れが多いのが分かります。

雨の多い新潟には、軒の深い家が合っていると思いますよ。

またリビングとつながるウッドデッキの上にも軒があることで、日陰が心地良い居場所になったり。もちろん、軒が雨や雪などからデッキを守ってくれます。

軒と外観の関係〈品のある外観〉

最後に外観への影響。

深い軒のある家は、外観に落ち着きが出て品のある佇まいに。

軒が深いと和風の家?
という印象を持たれる方もいるかもせれませんが、
一概にそんなことはありません。

特に軒の裏側の仕上げ方によって、家のイメージが変わってきます。

軒裏のデザインで多いのは、

・垂木・母屋・野地板などの構造材を表す仕上げ方

・全体的にスッキリさせたい方はボードの上に塗装をする仕上げ方

・その他にも木を貼る仕上げ方 など

日頃の生活の中で、軒や軒裏に注目することは
なかなか無いかもしれませんが、

実は家の印象を大きく左右する要素となります。

家づくりの際にはぜひ注目していただきたいところです。

おまけに・・・
軒の下で、干し柿をつくりましたよ

昨年の秋に、安田の家E様より渋柿を沢山頂きました。

初めての試みでしたが、展示場の軒下で「干し柿」にチャレンジしてみました!

日に日に色が変わり、小さくなっていく様子→

軒先に干し柿・・・とても似合いますよね

最終的には「干し柿とクルミのパウンドケーキ」にして美味しくいただきました!

次は軒下で、干物にでも挑戦してみようかな~

こんな楽しみ方をできるのも、軒がある家のいいところです。

下記イベントは、1/17(月)20(木)21(金)の平日も開催!土日の参加が難しい皆様、ぜひ平日のイベントをご利用ください!

BLOGブログ

もっと見る
0120-878-415