お電話でのお問い合わせ

0120-878-415

BLOGブログ

  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 春です。家の中の細かいところを掃除してみませんか?

春です。家の中の細かいところを掃除してみませんか?

大泉慶太 大泉慶太

掃除に最適な季節。ストロー活用で掃除アイテムを作ってみた。

すっかり春めいてまいりました。

曇天の頃は何かと億劫になりがちですが、日も長くなり、掃除には最適な季節となりました。

さて、先日、何かのテレビでストローを使ってのお掃除テクニックが紹介されていました。

昨今、マイクロプラスチック問題で肩身の狭い(?)ストローだからこそ、活躍の場を広げたいものです。

そこで、作ってみました。

材料

  • 100円ショップに売っている掃除機用ノズル
  • もちろん、ストロー・・・2、3本
  • ホース(直径16㎜程度)数cm →自宅のホースリールからカットしました

組み立て

1.まずは、①ノズルの先端に③ホースを差し込みます。

ここで、問題発生!するかもしれません。

 ↑写真の様にピッタリといかない場合は、

 ・ガタつく→ホースの外側にビニールテープを巻いて調整。

 ・入らない→ストローを直接ビニールテープで巻く。ホースに切れ目を入れてストローを巻いて調整。

2.③ホースに②ストローを2本程度挿入してみます。

この際、ホース内にしっくりくるサイズ、本数をお選びください。

3.①ノズルの先端に②+③ホースを差し込みます。

 入りにくい場合は、③ホースの挿入側に少し切れ目を入れてみてください。

テレビでは、ストローをノズルに直接ビニールテープを巻いていましたが、

ノズルも単体で使いたい!

ストローの長さを調整したい!

ので、脱着式にしてみました。夏は、ベタベタしそうですし…

因みに、写真の矢印部分の隙間は、万が一全てのストローが塞がっても、掃除機のモーターへの負荷を低減できます。と思っています。

狭いところ、細かいところの掃除に最適です

さて、実際に使ってみました。

使用用途はズバリ

ストローしか入り込めない狭い所。ペン立ての様にゴチャゴチャした所です。

デスクトップパソコンのキーボードはお勧めです。

ストローの先端を斜めにカットしてみました。

ノズル単体ではキーに引っ付いてしまいましたが、ストローは問題無し。

机の引き出しの中、クリップ等の小さな物も吸い込まず、ゴミだけ吸い取ってくれました。

全て出したり、分解して掃除すれば良いんでしょうが

少し面倒なときもあります・・・

さあ、“のめし(ずぼら)”掃除!始めてみませんか?

BLOGブログ

もっと見る
0120-878-415

CHECK!

7/22~鳥原住宅祭出展

i-works2.0 モデルハウス|オーナー様募集!

>詳しくはこちら!