ページトップへ

1階を中心にコンパクトに住まう、四季を通じて快適な家 S様邸 新潟で注文住宅を建てるナレッジライフ ピュア

家を見る 1階を中心にコンパクトに住まう、四季を通じて快適な家 S様邸

1階を中心にコンパクトに住まう、四季を通じて快適な家 S様邸

家を見る 家づくりSTORY

 

S様邸  

S様のご一家では3人のお子様が成長し、上のお2人は既に独立。そこで長く住んでいらした戸建て住宅を建て替え、大学生の息子さんとご夫妻の暮らす家を新築しました。構造の安全性にも高い関心を持たれているエンジニアのご主人と、洋裁のためのアトリエを望まれた奥様。過度な装備は求めず、使いやすく気持ち良い家を探した末にたどり付いたのがピュアの家でした。

S様邸では、ご夫妻の生活スペースを1階にまとめています。玄関に直結したリビング・ダイニングの周囲に、奥様の洋裁アトリエ、ご夫妻の寝室、仏壇のある和室、水まわりが並びます。吹き抜けでつながる2階には、息子さんの部屋や独立した子供の家族が泊まれる予備の和室を配置しました。木の香りが漂うリビングでくつろぐご夫妻は、「夏も冬も気持ちよく過ごしています」と笑顔で話します。

Living & Dining

Living & Dining

 

Living & Dining

生活の中心となるリビング・ダイニング。ムクのフローリングの柔らかい肌合いが気持良く、冬でも床暖房の必要を感じさせません。夏は扇風機だけで過ごし、冬はガス暖房でまかなっています。洋裁アトリエ、仏壇を備えた和室がリビング・ダイニングと一体化します。

1階のダイニングテーブル横につくった書斎コーナーは、ご主人のお気に入りの場です。

Sewing Atelier

Sewing Atelier

奥様が洋裁やアイロン掛けをするためのスペース。リビングと直結した空間です。中央に置いた作業台は、天板の寸法や下部に取り付けた棚板など、使いやすさに配慮。奥様が細かく設定しました。

Japanese room

Japanese room

仏壇を備えた4畳半の和室。襖のないオープンな空間構成や押し入れの下に地窓を設けたしつらえが、面積以上の広がりを感じさせます。階段との間にも小さな窓を設けているところにも、こだわりが感じられます。

  Japanese room
Second floor hall & Japanese room
Second floor hall & Japanese room  

Second floor hall & Japanese room

2階の階段ホール。1階リビング・ダイニングの吹き抜けとつながった広めのスペースは、「棚やカウンターなどは必要になったら作ればいいので」とあえて造り込みをしませんでした。現在は、息子さんがスノーボードの手入れなどに活用されているとか。

家族が集まったときの寝室などに利用する和室も用意しました。

Private room
Private room  

Private room

息子さんの個室。小さな窓を開くとリビング・ダイニングに顔を出せます。

Garden

Garden

Garden

Garden

庭もナレッジライフが設計しました。奥様の丹精されたお花が庭を彩っています。「緑のクラピアは、芝生かわりに撒いたものです」と奥様。


 

S様の家づくりStory

S様の家づくりStory

story1  

「見た目の豪華さはないけれど、住みやすそうでした」

以前の家に長く住んでいましたが、そろそろ建て替えようかという話が出ていたんです。3人の子供たちも大きくなり、上の2人は独立しました。ではどんな家にしようかといろいろと調べ始めて…。そんな時ピュアの家の広告を見かけて「いいな」と思ったのが、ナレッジライフとの出会いです。まず妻がナレッジライフに電話して、当日すぐに1人でピュアカーサ(現:ピュアヴィレッジ新潟)に行きました。印象が良かったので、翌日2人で改めて見学したのです。

初めてモデルハウスを見た時には、今まで自分たちが描いていたイメージにはない印象を受けましたね。それまで回った他社のモデルハウスは、豪華すぎてピンと来なかったんです。でもナレッジライフのモデルハウスは、“見た目の豪華さ”はないけれど住みやすそう。実はそれまで「木の家」へのこだわりは特になかったのですが、木の香りがする空間や檜の柔らかさがいいなと感じました。スリッパなしでいいことも、木の肌合いを感じられて良かったですね。

以前の家は、廊下のある間取りで何となく狭かったんです。でも、広がり間取りのピュアの家は廊下がないから、実際の面積以上に広く使える。使い勝手を考えると、掃除がしやすそうな点も気に入りました。

その後は、ピュアヴィレッジ長岡も見学しました。今はなくなった西展示場や東展示場もコンパクトな間取りで好きでした。このほかナレッジライフのセミナーもいろいろ参加しました。建築士による構造の話なども参考になりましたね。

見た目の豪華さはないけれど、住みやすそうでした   見た目の豪華さはないけれど、住みやすそうでした
story2  

「いろいろな希望を取り入れてもらいました」

ナレッジライフに依頼することを決め、具体的なプランづくりをお願いしました。最初にお伝えしたのは、洋裁のアトリエが欲しいということと、寝室を1階にすること、仏壇を置ける和室を設けること。2人の子供が独立したので2階にはそれほど部屋は必要ないのですが、客間はほしいとお伝えしました。

営業担当の坂井さんはざっくばらんな人。私たちが気軽に意見や要望をぶつけられる雰囲気だったのが良かったですね。ピュアの家はオリジナルの設計だから、どのようにも対応してもらえます。キッチンの棚やカーテンの色などまで、細かく打ち合わせしながら私たちの希望をいろいろ取り入れてもらいました。電気の差し込み口なども、必要な時に相談できたのが良かったです。

建物だけでなく、庭もナレッジライフで設計してもらいました。庭も最初からきちんと整えておくほうがいいと思います。ここでも、アプローチのデザインや木質感を出した車庫など、私たちの希望を反映した庭になりました。

 

外観・庭の施工例を見たい方はこちら

いろいろな希望を取り入れてもらいました   いろいろな希望を取り入れてもらいました
story3  

「床暖房が入っているの?と聞かれます」

新しい家に住み始めてから3年経ちました。室内は本当に快適で、冬はガスヒーター1台でまかなっていますが寒さを感じませんし、結露もほぼありません。夏は扇風機だけで過ごしています。

つくる前は、冬に床が冷たいのはいやだったので床暖房が欲しかったんです。でも、ムクのフローリングを使ったピュアの家は床暖房なしでも全然問題ない。冬でもスリッパを使っていません。訪れた友達からは「床暖房が入っている?」と聞かれるくらいです。夜11時にヒーターを切って、朝5時に起きると12℃から13℃くらいあります。トイレと浴室は北側にあるので若干寒いけれど、気になるほどではありません。

家全体が明るくて気持ちいいですね。細かく部屋が分かれていないので掃除もしやすいですし、キッチン回りも働きやすい。何かと物を置ける書斎コーナーもあるなど、便利で生活しやすい家になりました。

今でも、人が来ると「木の匂いがする」と言われます。私たちはもう意識しなくなってしまったけれど(笑)、やはり木の気持ち良さはどこかで感じているんでしょうね。

 

こちらのご邸宅はメンテナンスレポートでもご紹介しております。

メンテナンスレポート