ページトップへ

ナレッジライフの想い_前進 新潟で注文住宅を建てるナレッジライフ ピュア

会社概要 ナレッジライフの想い_前進

ナレッジライフの想い_前進

前進

健康・安心への願いを込めた家づくりを


1組1組ご説明して
共感していだたくお客様を増やす

私・中村勝治が家づくり業界に足を踏み入れた当初に出会った、建築家・吉田桂二さんの家づくりの理念。10年間に及んだ四季工房での住宅営業の取り組み。これらを通して、「子供を安全な環境で育てられる家を提供したい」という思いは揺るぎませんでした。

住む人の健康や安心を大切にしながら、新潟県の気候風土に合った工法で、省エネルギーや地球環境に配慮した家を建てる。そのために行き着いたのが、「自然素材」「NAP工法」「広がり間取り」「シンプルなデザイン」の4つをバランス良く組み合わせる考え方です。これは、ナレッジライフの出発時から変わることなく続いています。

こうした考え方を堅持して家づくりを進めれば、満足いただける良質の家を必ずご提供できるという自信は当初からありました。ただし私たちの方法が、家づくりを考えるすべての人に向いたものではないのも確かです。ナレッジライフの考え方に共感してくださったお客様から、納得したうえでご注文いただく。そういう関係を築くことが大切なのです。

そこで私たちは1組1組のお客様に対して、ナレッジライフの考え方をお伝えするセミナーを実施しました。丁寧で分かりやすい説明を心がけながらじっくりお話ししてご理解していただく。そんな取り組みを積み重ね、私たちの家づくりに共感してくださるお客様を少しずつ増えていきました。

現在、ピュアの家は年におよそ60棟誕生しています。家づくりを考えているお客様向けに開くピュアファミリー懇談会では、以前ナレッジライフで新築されたお客様が入れ替わり参加され、ご自身の経験とともにピュアの家について熱く語ってくださいます。住み始めてから後も、ナレッジライフのファンでいてくださる…。お客様からいただく信頼に感謝すると同時に、この信頼にきちんとお応えし続ける会社となるようにと気を引き締めています。

1組1組ご説明して共感していだたくお客様を増やす

ナレッジライフでは継続的にお客様向けセミナーを開催しています。ピュアの家づくり経験者のお話は、集まった皆さまにとってもナレッジライフにとっても貴重な情報になっています。

 

協力会社は運命共同体。
現場での実感が共感につながる

私たちの目指す家づくりを実現するには、実際に作業する協力会社の皆さんにもその良さを理解してもらうことが重要です。

ナレッジライフが手掛けるNAP工法は、しっかりとした断熱・気密性を確保しつつ、壁の内部の通気層を生かして暑さや寒さに対応する仕組みです。一般的な在来工法に比べる施工に手間がかかるため、職人にとっては面倒な工法とも言えるでしょう。でも一度、NAP工法の現場を担当してもらえば、夏の暑さや冬の寒さが和らいでいることを実感できます。NAP工法の効果を肌で感じた職人はナレッジライフの家づくりの共感者になり、より良い施工を意識してくれる力強い仲間になります。協力会社の職人は、私たちにとってまさに運命共同体です。

協力会社は運命共同体。現場での実感が共感につながる

 

継続的に訴え続けて
安全管理、品質管理の徹底を目指す

手間のかかる作業への挑戦は、安全管理や品質管理に対する姿勢でも一貫しています。職人の安全を確保し、お客様の家を守り、事故やケガが周囲に迷惑をかけることを防ぐ安全管理。完成したら見えなくなる部分の仕上がりまでしっかりチェックする品質管理。ナレッジライフでは、2008年頃から少しずつ強化を図ってきました。

社内に安全管理と品質管理の専門部署をつくり、安全管理の仕組みの整備や、ピュアの家づくりの標準仕様をまとめた標準施工図の作成に取り組んできました。さらに安全管理と品質管理の専門スタッフが定期的に各現場を回り、見落としや手抜かりがないようチェックしています。現場監督や協力会社の職人たちなど現場の担当者に安全や品質の管理を委ねることが多い家づくり業界にあって、先駆的な試みと自負しています。

現場で作業する側にとっては面倒な仕事が増える安全管理や品質管理は、「そこまでする必要はないのでは」と避けられがちです。長く続けているうちに、つい気を抜いてしまう時も出てくるでしょう。だからこそ私たちは、安全管理や品質管理の重要性を自覚し、継続的に訴え続ける必要があります。なかには脱落していく会社もありますが、ナレッジライフに付いて来てくれる協力会社の中で着実に意識が高まっているという手ごたえを感じています。

継続的に訴え続けて安全管理、品質管理の徹底を目指す  

継続的に訴え続けて安全管理、品質管理の徹底を目指す

継続的に訴え続けて安全管理、品質管理の徹底を目指す

次は「ナレッジライフの想い_育成」