ページトップへ

新潟の四季を快適に過ごすために 新潟で注文住宅を建てるナレッジライフ ピュア

ナレッジライフで
家をつくる
新潟の四季を快適に過ごすために

工法について

新潟県は冬の寒さが厳しく、年間を通じて湿度が高いのが特徴です。四季の変化がはっきりしていて、おいしい食べ物に恵まれています。家づくりで大切なのは、こうした気候と上手に付き合っていくこと。蒸し暑い夏と厳しい冬、それぞれの季節で気持ち良い室内環境を生み出す工法が、快適な家づくりを実現します。

 

工法について


断熱気密換気。日本の家の3つの進化

室内環境に快適さをもたらす大きな要素が、断熱・気密性と換気です。ここ数十年で、日本の家は大きな進化を遂げてきました。

まず、注目されたのが家の「断熱性」です。昔の日本の家屋は断熱性が乏しかったのですが、1970年代の2度のオイルショックを経て省エネルギー化への取り組みが始まりました。

断熱性の高い外壁や屋根で包み込んだ住宅は、2つのメリットを備えています。1つは、室内の温度が外気温にあまり左右されないこと。エアコンばかりに頼らなくても夏は外のような暑さを感じずに済むし、冬は外のように寒くなりません。2つめは、家全体の室温が均一に保たれること。そのため、暖かいリビングを出て廊下や浴室に行ったとたんに寒くて震え上がるといった状況を避けられます。家の中の温度差によるヒートショックで亡くなる方は、全国で年間1万4000人にも上ると言われています。大切な家族の健康のためにも、家全体の断熱性を高めることは不可欠です。

80年代以降、日本の家では断熱材が急速に普及していきます。ところが、ここで問題が生じました。当初は断熱性だけに気を取られて「気密性」に配慮しなかったため、結露が相次いだのです。室内の暖かく湿った空気が外壁内の冷たい面に触れると、そこに結露が発生します。断熱材がビショビショになるほどの結露は、カビやダニの発生、木材の腐朽に結び付きます。カビやダニはアレルギーの原因になり、木材が腐れば耐久性や強度が低下します。こうした結露を防ぐために、外壁の内部の気密性を確保して空気の流れを止める工法が広まりました。

断熱性

断熱性が低いと
外気温の影響を受ける

 

気密性

気密性が低いと
結露を生じやすい

 

アルミサッシの普及も加わり、日本の家の気密化は急速に進みました。かつての家は室内の空気が1時間に2〜3回入れ替わるほど隙間だらけでしたが、やがて1時間に0.5回分入れ替わる程度にまで激減しました。すると登場したのが、シックハウスの問題です。高気密化に伴い、新建材でつくられた家では建材や家具から発生する揮発性有機化合物(VOC)をうまく排出できなくなりました。家には適切な空気の循環、すなわち「換気」が欠かせません。そこで現在では、24時間換気設備の取り付けが義務付けられるようになったのです。

断熱性、気密性、そして換気。これら3つの適切な組み合わせによって、住んでいる人の健康や安全性を確保し、家を長もちさせることができるのです。

換気

しっかり換気しないと
シックハウスの原因にも…

 

断熱性 気密性 換気

3つの組み合わせが大切

 

断熱+気密+換気で家と人を守る 

断熱+気密+換気で家と人を守る

 


機械に頼らず、自然を生かす
そんな工夫が耐久性向上にもつながる

もともと日本の家屋は自然と上手に付き合ってきました。

気持ちよい季節には自然の風を積極的に取り込み、快適な暮らしを生み出してきました。深い軒は、太陽の位置が高い夏には日差しが室内に入るのを遮り、太陽が低くなる冬には暖かな日差しを室内に導き入れます。雨天時には、外壁に雨がかかって傷みが進むのを防ぐ役割も果たします。

現在、私たちの家の中にはエアコンをはじめとする多くの機器が入り込み、便利さを享受できるようになりました。しかし環境への配慮が謳われるようになった今、できるだけ機械に頼らずに快適な家をつくりあげていく姿勢が再び求められています。

そこで大切になるのが、「空気の流れ」の上手な活用です。例えば間取りや窓の位置の工夫によって、十分な風通しを確保します。さらに工法の工夫によって、壁内や床下という見えない部分の空気を動かします。建物内に湿気が溜まらないようにすると建物の耐久性が高まり、快適な室内環境づくりにも結び付きます。

 

機械に頼らず、自然を生かす

 

空気の流れで快適性と耐久性をアップ

 

空気の流れで快適性と耐久性をアップ


ピュア ピュアの場合

新潟の気候に対応したNAP工法で地球にもやさしい家づくり

夏と冬の気候差が大きな新潟県で家づくりを手がけるナレッジライフは、
この地域にふさわしい工法に取り組んできました。それがNAP工法です。
NAP工法は、高い断熱性と気密性を確保したうえで、夏と冬でモードを切り替えるのが特徴です。
ポイントは、越屋根と床下に設けた換気口にあります。

 

 

 

【夏】

手動のバーを使って夏は上下の
換気口を開き、壁内の熱い空気と湿気を越屋根から排出します。同時に、床下を通ってくる涼しい風を壁の中に引き込み、空気を循環させて家全体を冷やします。

 

【冬】

冬は逆に、上下の換気口を閉じます。
すると壁の内部に
閉じ込められた空気が断熱層となり、外の冷気を遮断します。壁内の空気は家全体を循環するので、家の中は、より均一な温度を保てるようになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地球にもやさしい家づくり

 

現在のピュアの家では屋根面への遮熱材を加え、さらなる性能アップを図っています。遮熱材は、夏には太陽の強い日差しを反射し、室内の気温が高くなるのを防ぎます。冬は屋根面から熱が逃げるのを防ぐので、夜中の冷えが和らぎます。

さらに太陽エネルギーの活用を望まれるお客様には、太陽の熱を暖房や給湯に活用する設備のご提案もいたします。ご関心のある方は、ぜひお問い合わせください。

OMソーラーについて詳しく

地球にもやさしい家づくり

 

次は「間取り:快適、安心を生み出す秘訣」