ページトップへ

【長岡】正解は...! ナレッジライフのブログ

Blog

 

現場管理の石川です。

前回の更新から、

ちょっと間が空いてしまいました。

 

ブログを日々

読んでいただいているお客様、

ありがとうございます!

 

【上越】の方では「バスツアー

が今週末開催されるそうですね。

 

 

【長岡】も3連休は

暮らしのイベント、

くらすたいる」を開催します!

 

 

家づくりは考えてないけど…

 

という方でも大歓迎です!

ついでに展示場の雰囲気も

ご体感ください!

 

各イベントの予告は

⇒ こちらをご覧ください!

 

 

 

さて、前回、突然出した問題。

前回のブログはこちら!

 

『破風板はどっちでしょう!』

 

皆さん、答え分かりましたか?

 

正解は…

 

 

 

 

チハラさんでした!

 

切妻屋根の場合、

 

「妻側(三角に見える面)」

の板が「破風板」、

 

「桁側(妻面に直行する面)」

の板が「鼻隠し」、

 

と呼ばれます。

 

 

破風板は「風を破る板」

と書く通り、

妻面に吹き付けてくる風雨から

家を守る役目を果たします。

 

また、お城やお寺では

化粧の意味合いも強く、

美麗な装飾が施されたりもします。

(注目して観ると面白いですよ!)

 

 

鼻隠しは

垂木(たるき)の先端が

「鼻先」と呼ばれ、

「鼻先を隠す」板というのが

由来になっているようです

 

鼻隠し無しで、垂木の切り口を

そのまま露出しておくと

そこから劣化してしまいます。

 

また、軒先には

雨樋を取り付けるため、

その下地材としての

役割も果たしています。

 

 

 

建築の部材名はたくさんあり、

分かりづらいものが多いです。

 

今、打合せを重ねているお客様、

わからない呼び名が

出てくることもあると思います。

 

そのときは

いつでもお声がけください!

 

長岡スタッフ一同、

わかりやすくご説明できるよう、

がんばります!

 

ちなみに、長岡スタッフはこの面々!

 

 

 

今日もお読みいただき

ありがとうございました。

 

それではまた明日!

 

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全82ページ中)