ページトップへ

建物の工夫と最適な設備のコラボ ナレッジライフのブログ

Blog

 

皆さんいかがお過ごしでしょうか。

もう9月ですね!今年は一度も海に行きませんでした・・・残念!

子供の頃から夏は海、海、海が定番だったのですが。

 

さて今回は建物の工夫と設備の関係性を考えてみたいと思います。

前回のブログでまずは建物に工夫をする、次に最適な設備を設置して快適な環境を作る、とお伝えしました。

 

現在国が考えている事柄に省エネ、エコ住宅、省CO2な住宅など様々ありますが

究極のエコ住宅の位置付けにLCCM住宅というものがあります。

これは建物の工夫と設備のコラボ、と前回お話ししました。

そして私たちの提供している住まいも同じ原理であると。(夏と冬を切り替える⇒衣替えする家)

 

 

 

一般社団法人日本サスティナブル建築協会のホームページから、LCCM住宅についての抜粋を一部紹介します。

 

②より一層の省エネルギーを実現するための環境設計手法の開発 より一層の省エネルギーを図るために、断熱性と設備の運用の組み合わせを明確に季節にあ わせて対応する住宅を目指す。夏季日中には高性能の熱的閉鎖性をもち、中間期・夏季夜間には、可変性を重視した開放性をもつ。日本の伝統的住まい方、つくり方等も参考とした可変性を備えた開放型とし、冬季には高性能の熱的閉鎖性を備える。このように多様な設計条件や 住まい方の多目的最適化による夏季、冬季、中間季対応の可変型住宅の開発をすることを目指 していく。

さらに LCCM 住宅では、高性能の機器や可変型の外装、開口部のハード技術が加わるり、複雑な環境設備設計となってくる。これらを最適に使いこなすためには、それらを組み合わせ たときの最適化技術および統合的な設計が必要になる。これらの開発、普及を目指していく。  以上抜粋より  

 

▽詳しくは下記サイトへ

日本サスティナブル建築協会HP

 

 

建物の工夫は前にお伝えしましたので、今回は設備(暖冷房について)のお話をします。

ナレッジライフの家もご要望があればZEH(ゼロエネルギー住宅)にもお応えしております。

それにはエネルギーを創り出す機械設備が必要になってきます!

 

様々なシステムがありますが、

例えば太陽光発電システム、太陽熱利用システムなどです。

 

国は2030年には自分の家で使うエネルギーは自分の家で作る住宅をスタンダードにしたいと言っています。

ですから何らかの創エネルギーのシステムが今後必要になってくるようになるんです。

設置に費用はかかりますが地球環境には良いですよね。

電気代、ガス代などの光熱費はかなり減少、もしくはゼロ。発電量が多い家はプラスになることもあります。

 

色々あるシステムの中で何を選ぶかも大切なことになってきますね。

今後ナレッジライフではどのようなシステムをご提案していくかお伝えします。

 

 

まず初めにパッシブエアコン。

これは(株)OMソーラーが開発したシステムですが、ご要望があればご案内をしていこうと思います。

ただし、設計段階から導入を決めて頂くことになります。家全体に効率よく冷暖房をが行きわたる計画するためです。

特徴は

①    40坪程度の家1台で対応。⇒外に設置する室外機も一台でOK(スッキリ!)

②    暖房は下から上へ、冷房は上から。⇒自然ですよね!冷たい空気は上にはいきません。

③    クーラーの冷たい風が直接当たるのではなく、自然な涼しさを体感できます。(女性は嬉しい!)

④    低燃費です。(省エネ!)

 

そして、ナレッジライフの特徴のNAP工法との相性が抜群に良いです!

 

 

 

 

 

▽詳しくはここから

パッシブエアコン

 

 

いかがでしたか?! 

ナレッジライフがご案内するエコなシステムをまたご紹介しますね!まだまだご案内したいシステムがありますのでお楽しみに!

 

 

それでは。

 

 

SNSも更新中▶
最新情報はここからcheck!


●公式LINE
トークで気軽に話しかけてくださいね!

 友だち追加 

●facebook

 

●instagram

 

 

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全91ページ中)