ページトップへ

【長岡】家の土台を敷く ナレッジライフのブログ

Blog

 

皆さん、こんにちは!

 

 

今日から長岡で、

新たに木工事が始まりました!

 

 

私のブログの内容、

基礎工事(コンクリート)

の話ばかり、、、

 

 

と思っていた、そこのあなた!

 

今日からは「木の家専門店」として、

家に対する「こだわり」を

さらにお伝えしていきます!

 

また飽きずにご覧ください。

 

 

 

現場では大工さんたちが

土台敷(どだいじき)」

の真っ最中。

 

 

土台」とは基礎コンクリートの

上に敷かれた木材のこと。

 

地面から近く、

湿気が多い部分なので、

 

他の樹種に比べて、

虫や湿気に強いヒノキ

を使用しています。

 

 

 

このヒノキの土台を

以前のブログでも紹介した、

アンカーボルトで

基礎コンクリートに

固定していきます。

 

 

右側の丸く見えている金物が

アンカーボルトです。

 

左側の飛び出た金物が

ホールダウンで、

これから立つ柱を基礎と緊結します。

 

 

 

土台敷から

3~4日ほどで上棟となり、

 

家の骨組みが

あっという間に完成します。

 

お近くに上棟作業中の現場があれば、

何日くらいで屋根がかかったか

見てみるとおもしろいかもしれませんね。

 

 

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全90ページ中)