ページトップへ

私たちの考える住まいとは。 ナレッジライフのブログ

Blog

 

 

夏も終わりに近づいてきました。

 

 

ドイツのお話は前回までとして、今回は日本のおはなしです。

私たちが考える住まいは日当たり、風通し、間取、工法など先ずは建物本体に工夫をなして室内の温熱環境等を整えます。

これがパッシブ的な工夫ですね。

 

次に必要な機械設備を組み合わせて理想的な環境を目指しています。

 

 

図1の表ですが、例えば高い温度は夏、低い温度は冬と考えても良いですし、一日の中での温度変化と考えても結構です。

とにかく何もしなければ外気の変化に青の線は何もしない状態を表しています。

線が大きく上下していますね。これは応じて室内も変化していきます。

 

次に黄色い線ですがこれは先に述べた建物自体にパッシブ的工夫をなすことにより、温度の変化を緩やかにした状態です。

 

次に緑色の線ですがかなり緩やかになり理想に近い温熱環境になっています。

これは適切な機械設備を併用することにより実現しているのです。

 

ここで大切なことは、すべてを機械設備によって対応するのではなく、

先ずは建物自体に日本の気候風土の中で培われてきた知恵、建築的工夫を施すことが大切であると申し上げたいのです。

 

私たちが造る住まいにはこうした手法が織り込まれています。

 

 

 

そうそう、もうひとつは国の建築研究所に建てられているLCCM住宅です。

 

 

見学に行った時には担当教授が究極のエコハウスと呼んでいました。建物には様々なパッシブ的工夫がなされていました。

そしてなんと夏と冬に建物自体を切り替える、「衣替えをする」とおっしゃっていましたね。

私たちの提案している住まいと同じ原理なのでびっくりしました!!

 

弊社オリジナル【NAP工法】についてはこちら!

 

LCCM住宅についてはまたの機会にお話ししますね。

 

さて、最近では健康的な観点から室内の望ましい温度を冬も夏も定義づけしています。

昔は冬はヒートショックを起こさない程度の話はありましたが、夏についてはあまりありませんでした。

 

現代では夏の熱中症が問題になっていますよね!(温暖化ですかね?)

しかも、夜に室内で寝ている間に熱中症をおこして亡くなる方までいますね。

ですから夏の暑い夜はエアコンを使用して室温が28℃程度になるようにしてください!と

あちこちのテレビ番組で放送しています。

 

エアコンのつけっぱなしはチョット抵抗がありますが時代なのでしょうか?

暑がりの人、寒がりの人、様々ですができるだけエアコンの稼働時間は少ない方が良いですね。

 

次回は私たちの考えるエアコンなど機械設備のお話をしたいと思います。

 

それでは。

 

SNSも更新中▶
最新情報はここからcheck!


●公式LINE
トークで気軽に話しかけてくださいね!

 友だち追加 

●facebook

 

●instagram

 

 

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全95ページ中)