ページトップへ

配筋検査のご報告。 ナレッジライフのブログ

Blog

 

今日は昨日のブログで予告していた

 

配筋検査

 

に行ってきましたよ!

 

 

 

第三者機関の

検査員の方が現場へ到着。

 

まずは、

基礎のベースや立ち上がりが図面通りか。

 

 

 

次に、各箇所に補強筋が入っているか。

 

角になるところ。

 

 

鉄筋の切れるところ。

 

 

基礎換気口周り。

 

(斜めに入っているのが補強筋。)

 

排水管などの貫通部。

 

(管の周りにひし形に見えるのが補強筋。)

 

 

また、配筋が3本以上

束ねられている箇所はないか。

 

鉄筋があまりにも束になっていると

その周辺にコンクリートが

入りずらくなるので

注意が必要です。

 

 

最後に、鉄筋の太さや間隔は図面通りか。

 

こちらもきちんと定規をあて、

写真を撮ります。

 

 

 

ちなみに配筋の太さや間隔は

お客様にお渡しする図面にも

こんな感じで記載されています。

 

(拙い手書きですが、ご容赦ください。)

 

 

 

さて、検査の結果は、、、

 

指摘事項はありません。

 

ほっと一安心。

 

お施主様にも先ほど

電話でご報告しました。

 

お施主様、

また工事が進み次第、

状況報告させていただきますので、

今後もよろしくお願いいたします。

 

 

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全96ページ中)