ページトップへ

【長岡】工事探偵タカシ ナレッジライフのブログ

Blog

 

こんにちは。

 

この前木完した現場。

 

大工さんたちがキレイに

「ハイクリンボード」

を張ってくれたんですが…

 

ちょっと目を離した隙に

 

至る所に穴が!

 

 

 

天井にも!

 

 

壁にも!

 

いったい誰がこんなひどいことを。

 

必死に捜査を続けた私。

 

そしてついに真相にたどり着きました。

 

犯人は身近な業者さんの中にいたのです。

 

 

「犯人は、電気設備やさん、あなただ!」

 

 

というわけで茶番はここまで。

 

天井や壁に開けられた穴は

コンセントやスイッチ、照明

を設置するためのもの。

 

 

天井も、

 

 

壁も

 

仕上がればこんな感じに。

 

 

断熱材の施工完了後、

 

壁や天井をボードで

覆ってしまう前に、

 

電気設備やさんは

「電気配線図」を見ながら

配線を行い、

 

コンセントボックスや

スイッチボックスを設置。

 

↑こちらの黒いボックスのこと。

 

そしてボードで覆われた後、

その箇所に改めて穴を

開けにくるわけです。

 

 

なので、木完間際になると

現場管理から電気設備やさんへ、

 

そろそろボックス開口お願いしまーす!

 

という連絡がいきます。

 

……

 

ということは…

 

現場管理のイシカワが

一連の事件を

指示したということに…

 

 

 

 

アガサ・クリスティの

『アクロイド殺し』

また読んでみようかな。

 

 

電気設備やさんへ

犯人扱いしてしまい、

本当に申し訳ありません。

今後ともご協力、

よろしくお願いいたします!

 

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全96ページ中)